エゲレスより日ノ本へ

大宮駅西口にはNゲージメーカーの1つ、トミーテックの直営店、Tomix Worldが

ある。相当前に初めて行った時にジャンク品扱いで「きかんしゃトーマス」の

2軸客車のアニー・クララベルを買っていた。長いことラップすら剥がさずに

ずっと仕舞いっばなしにしていた。Nゲージとしてはでかすぎた為である。

どうしてもトーマスシリーズは比較的初心者向けとなるから、Tomixのレールシ

ステムが許容できる車両限界を一杯に取り、極力メンテフリーと耐久性などを

考慮したのだろう。出た当時の紹介記事はTTゲージ並みと書いていたと思う。

確かに通常の日本型車両と並べると幅は2mmほど広く、高さは2階建て車両と

同等、床板も機関車より高い。そのままでは違和感しかないので放置。

だが今年3月、Tomix Worldの販売キャンペーンでBタイプ小型SLを入手。

これはパーシーの動力に国鉄B20っぽい車体を被せたもの。某雑誌企画向けに

作ったものの余りでもあろうか。しかしこれもTTゲージ並みだから通常の日本

型車両よりデカい。日本型の客車を牽かせると違和感を禁じ得ない。

しばらく悩み某雑誌と同じく貨物専業にすべきかと思ったが、ここでようやく

アニー・クララベルの死蔵品を思い出した。初めてラップを剥がし観察する。

色々弄るうち分解できた。まずは前後の妻板を指で挟むと屋根板と車体に隙間

ができたから、屋根板を摘み軽く引くとアッサリ外せた。屋根板と側面ガラス

は透明プラ一体成形、屋根板だけ白っぽいグレーが塗ってある。

そして顔がある方の妻板両端には縦長の窓がある。この窓ガラスは別パーツ。

明るい茶色の車体と黒い床板は、太い爪と四隅のピンを焼き止めしてあり実に

頑丈な固定。長いこと手間取ったが車体と床板の隙間からカッターで四隅のピ

ンを水平に切り、爪をこじれば分解終わり。

腰を落とすべく、最近発売されたミム100タイプとヤ500タイプを新品で調達。

タンク体を引抜き下回りを元人面客車の車体を載せる。客車の底面を現物合わ

せで切り抜き、タンク車の床板には一切加工しないでおいた。