無視の思いもネットで届く

良いことは常に悪いことの前兆であるその反対も

憶測は事実として混同して悪しき習慣は他人任せでふくらんでいくのかもしれない

国を曇らせていく根源は経済のグローバル化に対応できない日本独特の習慣性に驚くばかりの

明暗は共同不正行為によるものがつながりが強く象徴されているのかもしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

船越英一郎「ごごナマ」降板も…NHKが頭を悩ます10月問題

西川史子渡辺謙の不倫に対しピシャリ 「よく言った」とネットで称賛

保育園で「この、ハゲーーー!」流行 悪いのはテレビなのか

白山陶器ダイソーに扇子販売中止求める「絵柄を転用」

渡辺謙、不倫報道認め謝罪 妻・南果歩との夫婦仲「ゆっくりと軌道修正」

This week in review:

From:DNC Factivists

発信元:democrats.org

To:Ezakifirst+Name: Nobukolast+Name:

2017/7/2, Sun 12:02

Factivists

This week, we finally got to see what Mitch McConnell and Senate Republicans had been hiding from the public for so long when the nonpartisan Congressional Budget Office released their findings on how much damage the GOPs health care repeal would do -- 22 million Americans would lose their health insurance. Thats bad news:

22 million Americans -- load image

RETWEET

Sen. Dick Durbin tweet -- load image

RETWEET

See how many people in your state would lose affordable care -- load image

RETWEET

But thanks to millions of Democrats who made phone calls, signed petitions, attended protests, donated their hard-earned dollars to fund our resistance, and more, McConnell was forced to delay the GOPs repeal vote until after July 4th. That means we have more time to hold Republican senators accountable:

Support our Town Hall project -- load image

RETWEET

Call your GOP Senator -- load image

RETWEET

While that was happening, grassroots Democrats from all over the country -- even folks from Alaska and Hawaii -- were getting ready to fight back against the GOP agenda at the DNCs first-ever Resistance Summer training!

Resistance Summer -- load image

RETWEET

Resistance Summer -- load image

RETWEET

More than 100 people came to D.C. to hear from experts and get trained on organizing tactics that theyll take back to their home states and use to mobilize Democrats in their communities:

Resistance Summer -- load image

RETWEET

Resistance Summer -- load image

RETWEET

This is how well win key races this November and next year -- by taking advantage of every available opportunity to empower our grassroots.

Weve got a long road ahead of us between now and then -- so stay tuned for more news and updates on ways you can get involved in the movement.

Until then, thank you for everything youre doing to spread our message and power our movement. We couldnt do what we do without your help -- and happy 4th of July!

Talk soon,

DNC Factivists

We have a voting problem in America.

From:Jason Kander

発信元:ofa.us

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/7/1, Sat 18:02

Organizing for Action

Friend --

First Name. Middle Initial. Last name. Address. Birth date. Political party. Voter history. Military status. Social security number.

This administration is trying to collect this information from every voter in the country. I certainly wouldnt trust them with it, and the fact that theyre after it should worry every person in America.

They have told lies about voter fraud for months, and have created a commission that voting rights experts believe is charged with trying to disenfranchise as many voters as possible -- after all, its headed up by one of the most notorious advocates of voter suppression this country has seen in decades.

A letter released this week by the Presidential Advisory Commission on Election Integrity confirmed it: This administration is willing to go to extreme lengths to collect the information it needs to lay the groundwork for voter suppression.

Attacks on voting rights in this country are nothing new -- but if we dont fight back, more and more Americans will be disenfranchised by efforts like these.

If we allow them to create a government database like the one this letter suggests theyre creating, it becomes more and more likely that they will target certain voters who arent going to vote for them. That is an assault on our elections, and on our democracy.

Whether its extreme identification requirements, voter intimidation, or new and extreme voter registration processes -- anything that makes voting harder -- we have to fight against it.

Add your name with OFA, and say that youre in:

https://my.ofa.us/Say-No

Thank you,

Jason Kander

船越英一郎「ごごナマ」降板も…NHKが頭を悩ます10月問題

7/17(月)

妻の松居一代(60)との離婚バトルで連日注目を集める俳優の船越英一郎(56)。だが司会をつとめるNHKの情報番組「ごごナマ」にはいま、“追い風”が吹き始めているという。

「『オトナの井戸端、作りました』の触れ込みで4月3日にスタートした同番組。社会問題などには触れず、ゲストとの緩いトークと生活情報がメインで放送していた。そのため裏かぶりする各局の昼のワイドショーに押され大苦戦。視聴率はとってもせいぜい3%ほどだった。ところが松居との騒動が勃発すると船越が生でどんな発言をするか注目が集まり、視聴率が4%を超える日もあるといいます」(放送担当記者)

松居はYouTubeに船越の不倫を“告発”する動画を投稿。船越の事務所は不倫を否定したものの、船越本人は一切コメントしていない。NHKとしては、扱いが難しいようだ。

「船越さんが不倫をしていたとしても法に触れる行為ではないので、局の内規では番組を降板させる基準には当たらない。とはいえ船越さんが松居さんに申請している離婚調停がこじれた場合は、離婚訴訟で長期化することが濃厚です。となると、視聴者からの抗議が想定される。局内でもどうすべきか、評価が二分しています」(NHK関係者)

だが船越サイドにとって厳し過ぎる決断が、10月の改変を前に下されそうだという。

「視聴率はもうしばらくすると徐々にダウンしていくでしょう。そうなると局としても『視聴率の低迷を理由に10月改編でリニューアル』という体のいい理由をつけることでしか、船越を“降板”させる術がない。実際、その方向で話が進められていると聞いています」(前出・NHK関係者)

離婚騒動が解決しない限り、この先も船越は“無傷”ではいられないようだ。

西川史子渡辺謙の不倫に対しピシャリ 「よく言った」とネットで称賛

7/17(月)

 医師でタレントの西川史子さん(46)が2017年7月16日、バラエティー番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)に生出演し、渡辺謙さん(57)の不倫に対し言及した。

 昨今の「ゲス不倫」騒動に対してはテレビ各局の芸能人コメンテーターから「手厳しいコメント」がされる一方、渡辺謙さんの不倫に対しては「歯切れの悪いコメント」が相次いでいることから、今回の西川さんの鋭い意見に対しネット上では賞賛の声が相次いでいる。

■「謙さんには優しいというか、甘いなってすごく思った」

 渡辺謙さんの不倫は2017年3月30日発売の「週刊文集」によって報じられた。それから約4か月後となる2017年7月15日、渡辺さんは都内で会見を開き「(週刊文春の)記事はおおむね事実」と認め謝罪した。  渡辺さんの妻である女優・南果歩さん(53)は16年3月に乳がんの手術を受け、その後も闘病生活を続けていたなか、不倫をしていたという事もあり、記者からは「奥様の病気のことを考えている中でそういう行動(不倫)になってしまった?」という厳しい質問も。これに対し渡辺さんは「心の揺れが自分で制御できなかったのかもしれません」と答えた。

 この謝罪会見を見た後、番組MCを務める「爆笑問題」からこの渡辺さんの不倫に対し、どう思うか聞かれた西川さんは  「なんかみなさん謙さんには優しいというか、甘いなってすごく思った」とピシャリ。  さらに  「やっぱり奥様が闘病中だったりとか、不倫相手も3年以上付き合って(公になったら)すぐに別れるみたいな、昨今のゲス不倫の中でも結構すごい事やってるのに『謙さんだとまぁいっか』みたいな(雰囲気がある)」

と近年の「ゲス不倫」との扱いの違いに言及した。

「賛同せざるを得ない」 この西川さんの意見に対し、ネット上では

  「よく言った」   「賛同せざるを得ない」   「これほんと思った」

  「西川史子がまともな事を言ってたわ」

と称賛されている。  また同じく生出演していたデーブスペクターさんと杉村太蔵さん(37)は「この時期に(記者会見を)やったのは頭がいい。松居さんや豊田議員のニュースでてんこ盛りでしょ。ニュースが薄れますよね」とこの時期の会見が意図的だったのかは分からないが、計算されつくされているとの見解を述べた。

保育園で「この、ハゲーーー!」流行 悪いのはテレビなのか

7/17(月)

暴言の流行はテレビの責任か?

 豊田真由子衆議院議員による秘書への暴行・暴言が週刊新潮によって報じられ、その音源が公開されてから約3週間。まずYouTubeで公開され、その後、テレビでも何度も引用された「この、ハゲーーー!」という叫び声は、いまや全国各地で知られるようになった。あまりに印象が強いこの叫び声は、大人だけでなく子供にも大きな影響をおよぼしている。

.「いきなり叫ばれて、びっくりしました」と話すのは、保育園年長さんの娘がいる30代会社員女性。先日、慌ただしく出かける準備をしていたところ、娘が楽しそうに「この、ハゲーーー!」と叫んだ。

「朝、時計のかわりに民放の情報番組をつけっぱなしにしているのですが、そこで繰り返し放送されるのを聞いて、覚えてしまったようです。新しいギャグか何かだと思っているのか、叫んだあとケタケタ笑っています。人をののしる言葉だと理解していないぶん気が楽になりましたが、通りすがりに耳にした大人は気分悪いですよね。なので、言わないように注意はしましたが、理由については理解できないようで……。保育園でも、流行っているみたいです」

 豊田議員の口調を真似して娘が叫んだ日の夜、夫婦で話し合い、朝の情報番組はしばらくNHKにしておこうと決めた。NHKだけは、この暴言の音声をそのまま放送していなかったからだ。

「本当は、そういう言葉遣いをしてはいけないときちんと説明できたらよいのですが、『ハゲ』とは何か、どうしてその言葉が人をののしる意味を持ってしまうのかを年長さんにきちんと説明できる自信がありません。もう少し大きくなったら、『ハゲ』は決して差別語にしてはいけないことも含めて話せる日がくると思います」(前出の30代会社員女性)

 さらに、こんな情報を提供する姿勢を疑えと訴える人たちもいる。放送倫理・番組向上機構BPO)に意見を寄せる人たちだ。BPOのHPで公表されている「2017年6月に視聴者から寄せられた意見」をみると、

「バラエティー番組で、女性国会議員の元秘書に対する暴言・暴行の問題について面白おかしく取り上げ、笑いにしている。ふざけ過ぎる内容を元にいじめを行う子どももいると思う。取り上げるからには真剣に報道してほしい」

. とある。BPOといえば、倫理や人権、青少年に対して問題ある報道や番組制作について、視聴者からもモノを申せる窓口になっている。深刻なケースでは審議が行われ、その報告書は、テレビ番組制作に係わる人間ならば必ず目を通すようにと命じられるものだ。豊田議員にまつわる放送についての意見を、テレビ番組制作の現場では、どのようにとらえているのか。

「視聴者からの意見はありがたくいただきますが、なんでもテレビにせいにしてほしくないという本音もあります。大きな声では言いづらいですが、いじめちゃダメだと周囲の大人が教えればいいだけの話じゃないですか。こういうことを言うと、ますます風当たりが強くなるので黙っています。いまは、テレビが嫌われ役を引き受けないと行けないのだろうと諦めています」(在京テレビ局ディレクター)

. 2017年2月のR1グランプリで優勝したことをきっかけに、テレビ番組出演が増えたアキラ100%に対し、全裸をお盆ひとつで隠す芸に批判が集まった。やはりBPOにも「子供が真似をして大変不快」という意見が寄せられている。ところが、この件についてはテレビを責めるだけが解決の糸口ではないという意見も公表されている。

「テレビをつまらなくしないでほしい。『裸芸』を見て真似る子がどれだけいるだろうか。たぶん、ほとんどいないと思う。テレビの影響は悪いものばかりでなく、良いこと悪いことを判断する力を養う役目もあるはずだ。テレビを見ながら会話して、何をやってはいけないかを教えるのが親の役目だ」(BPOの公式HPより)

 前出のディレクターは「こういう冷静な人もいるから、視聴者からの意見が楽しみ」という。

.「テレビで放送することの影響力は確かに大きいです。だから、僕らも真剣に制作しています。まったく間違いを犯さないわけではないので、そのへんは厳しく見てもらいたいです。でも、たかがテレビなんですよ。子どもの周囲にいる大人は、テレビへモノをいうより先に、子どもへ働きかけて話し合うなどしてほしいです」

 もうすぐ夏休みが始まるが、現実の子供たちが安全に夏を過ごせるよう、リアルな大人の対応力が求められるだろう。

白山陶器ダイソーに扇子販売中止求める「絵柄を転用」

07月14日

 波佐見焼の人気窯元のひとつである白山(はくさん)陶器(長崎県波佐見町、松尾慶一社長)は、同社の皿などの絵柄を転用した扇子を販売しているとして、全国に100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業広島県東広島市)に販売中止を求める文書を送った。

 文書は10日付。白山陶器によると、同社は2009年から、植物をモチーフにした絵柄2種類を皿やカップに描き「ブルーム」シリーズとして販売。ダイソーで売られている「扇子(陶器柄)」の商品の模様がブルームに酷似しており、「絵柄の転用」だとして、大創側に扇子の販売中止と在庫破棄を文書で求めた。 大創産業は取材に対し、「文書の内容を確認中。誠意をもって対応したい。店舗には販売停止を指示した」と話している。

渡辺謙、不倫報道認め謝罪 妻・南果歩との夫婦仲「ゆっくりと軌道修正」

07月15日

 俳優の渡辺謙(57)が15日、都内で記者会見を行い、3月末に『週刊文春』で21歳年下のジュエリーデザイナーとの不倫が報じられた件を認めて「私の軽率な行動が応援してくださった皆様に多大な心配、ご迷惑をおかけしました」と謝罪した。

 同誌が、渡辺と女性が米・ニューヨークで密会する様子をスクープ。今月4日には、妻で女優の南果歩(53)がNHK BSプレミアムの主演ドラマ『定年女子』の会見に出席。浮気が原因で夫と別れ、キャリアアップを狙うという役どころに「心身共に疲れて落ち込んでいた時期に、こういう作品に巡り合えたのは、神様が引き合わせてくれた素晴らしいご縁」と語っていた。

 不倫報道以降、報道陣の前に初めて姿を現した渡辺は冒頭で「本来でしたら、すぐにでもお話すべきだったのですが、僕自体が事態を把握したり、妻のこともありましたので、冷静になる時間が必要でしたので、少し時間をいただきました」と深々とおじぎ。女性との関係について「(付き合いは)ありました。ずっと続いていたわけではないです」と明かした上で「相手の方にも迷惑をかけた(報道があった後に)別れたということになります」と報告した。

 南にも不倫の事実を伝えたといい「何よりも妻に苦しく、悲しい思いをさせてしまって、本当に申し訳ないと思っています。時間をかけながらゆっくりと軌道修正をしています」とコメント。「(妻から)『これであなたが積み重ねたものが消えるわけではないから』とは言ってもらいました。前に進んでいると思います」と神妙な面持ちを浮かべながら、まだ最終的な結論が出ていない状態であると明かした。

 今後の夫婦関係については「僕が言えることではないので、そんなに割り切れる話ではないので、2人で決めていくことですので」と述べるにとどめたが「僕自身はこれからも支えていきたいと思っています(夫婦として続けていく)ことがあったらいいなと思っています」と自身の思いも口に。報道後、しばらくは東京の自宅には戻っていないそうだが「何度か彼女が訪ねてくることもあったので」と交流は続いているとし「離婚、今の段階でそいう話はありません」と語った。

 自身の2人の子どもとの関係については「彼らも家庭を持っているので報告しました。親子の縁は切れないと思うので、これも僕が一生背負っていくことだと思っています」ときっぱり。娘で女優の杏は現在第3子を妊娠中だが「それ以降はまだ連絡を取っていないですね」と話した。