幻想怪奇短編集

澁澤龍彦訳。

すんごいご高名な方だし、いくつかは好みジャンルで巡り会ったと思うんだけど、

意外と印象薄いんですよね澁澤さん。

解説で、信頼の東雅夫さんが絶賛してるんですが、

やっぱりそんなにピンと来なかったかな〜〜。

おそらく洗練されすぎているためかと思われます。

ただマルキドサドの呪縛の塔は良かった。意外。

サドって美少女を性的に痛めつけるぞ〜って作品だと思ってたんで、

手に取るまでもなく範囲外って感じだったんですが、全然。

ストレートで力強い勧善懲悪ものじゃん!

聖おにいさんで計画されてた地獄観光旅行みたいでした。

しかも古めかしい美文。ザ好み。

えぐい描写が全くないのは、澁澤さんが気を利かしたのか元短編だからか?

悪の主人公が、反省せずふてぶてしく、スジの通った悪ぶりでかっこいい。

財宝を守る巨人たちと対峙した時のセリフが好敵手ござんなれですよ。イカスわ〜。

途中で出てくる鷲のセリフもいい。

舌先三寸で渡世している山師どもとか、使う機会はないが使ってみたいよな〜。

この鷲との対話シーンは、派手なSF風味。

見どころの多い豪華な短編でした。

他はわりとすっきり訳されており、そんなに好みのものは

共同墓地の中の幽霊の死はちょっと可愛くて良かったですが。

今度エッセイに挑戦してみようかなー。

広告を非表示にする