キン肉マン感想【第212話破滅の6本槍!!の巻】

今回も扉は前回からの続きで、【サグラダ・ファミリア】上空に現れた【オメガマン】に驚く

【ハラボテ・マッスル】や【ウルフマン】のカットから。

今回は、【オメガマン】達の後ろに姿を現した【サタン】の影にも気がつきます。

ここで【サタン】の解説が入り、「かつてゴールドマンにとり憑き悪魔将軍の姿となり」とありますが、

あれ?確かあの時は【ゴールドマン】に【サタン】の分身である【悪魔六騎士】を貸して、

その【悪魔六騎士】が【悪魔将軍】のボディになってた、ってだけじゃなかったっけ?

まあ、でも今回の設定の方が、【黄金のマスク編】の【悪魔将軍】と、【完璧超人始祖編】の【悪魔将軍】の

言動や立ち振る舞いに対しての、整合性はとれるんだよなぁ(笑)。

そして【ハラボテ・マッスル】が【オメガマン】の違和感に気づき、今回の【オメガマン】が、

【王位争奪編】の時の【オメガマン】とは別人である事を見抜きます。

なんと、【王位争奪編】の【オメガマン】の正式名称は【オメガマン・ディクシア】で、

今回の【オメガマン】は【オメガマン・アリステラ】と言い、双子の兄弟の兄であるとの事。

【ディクシア】と【アリステラ】ってのが気になったので調べたところ、

両方ギリシャ語で【ディクシア】が「右」、【アリステラ】が「左」という意味で、

意味を知ると「ああ、そのまんまだな」って思いますが、カッコいいネーミングですね。

【オメガマン・アリステラ】がその正体を現した事に呼応して、残りの5超人もマントや

ターバンを脱ぎ、その正体を現します。

【オメガ・ケンタウリの六鎗客】と言い、【オメガマン】と同じ【オメガ・ケンタウルス星団】出身の模様。

しかし、この5人のデザイン、いかにも「第一陣」って感じですね(笑)。

【ハラボテ・マッスル】は、【オメガ・ケンタウリの六鎗客】にいろいろ質問を投げかけますが、

【オメガマン・アリステラ】はそれを無視。【サグラダ・ファミリア】地下の「お宝」を狙って降下してきます。

それを止めようと【サグラダ・ファミリア】のリング上でスパーリングをしていた

若手(?)超人達が【オメガ・ケンタウリの六鎗客】に立ち向かいますが、

残虐な形にアッサリと返り討ちにあってしまいます。

ここで気になったのが、まだ正式名称不明な海賊っぽい恰好の大柄な【オメガ・ケンタウリの六鎗客】のひとりが言った

「この世の本来の支配者である我らオメガ・ケンタウルス星団の民」という言葉。

もしかして今回【オメガ・ケンタウリの六鎗客】は、神以上の存在って位置づけになるのか?!

だから前回【サタン】に対しても、結構上からな物言いだったのか?(笑)

そして、アッサリ倒されてしまった若手超人に代わり、【ウルフマン】が戦闘態勢をとったところで、

次回に続くです。

今回明らかとなりましたが、やはり今回の【オメガマン】はかつての【オメガマン】とは別人でしたね。

そして謎の超人の姿も全て明らかとなりましたが、前シリーズの【完璧超人始祖】が

デザイン的にシンプルなシルエットが多かった分、今回結構ゴテゴテしてて、

逆に弱そうに見えてしまうなぁ(笑)。

まあ、これに関してはこれからの試合展開次第なんで、それを楽しみにするとしましょう。

関係ないけど、最後に【ウルフマン】が着物を脱ぐシーン、何故か2コマ使って着物が宙を舞ってたけど、

2コマも使う必要あったのかな?(笑)