白のムクゲ(木槿)

アオイ科フヨウ属のムクゲ木槿)があちらこちらで咲いてゐます。

日本には朝鮮半島経由でずいぶん古い時代に渡来したと言はれています。

色は白、濃紅、濃紫、青紫、ピンクなどがあります。

朝咲いたらその日の夕方にはしぼんでしまう一日花です

しかし、夏から秋に絶え間なく新しい花を次々と咲かせます。

花は一重咲き、半八重咲き、八重咲きのものがあります。

散歩の途中で白の一重咲き、半八重咲き、八重咲を見つけました。

古くは朝鮮半島を「槿域(きんいき)」と呼ぶほど、韓国では沢山自生してゐました。

韓国では「無窮花(ムグンファ)と呼び、国花となっております。

「“つれづれなるまま”」のSNS版です。

Blog版をご覧いただける方は是非下記URLをお訪ね下さい。

http://stajiri1123.blog20.fc2.com/