映画 「オデッセイ」

ツタヤDVDレンタルで。2015年のSF映画。

近未来、アメリカは火星に6人の優秀なスタッフを送った。

火星を調査中、基地と着陸船は猛烈な嵐に飲みこまれそうになることがわかり、

着陸船で火星を脱出しようとして乗り込み中、一人が吹き飛ばされてしまう。

救助に向かうチームリーダー(女性)は、もう生きていないと判断し、残ったスタッフと

脱出、そのまま着陸船は地球を目指したが、吹き飛ばされた男は、死んではいなかった。

通信機は無く、自分が生きていることをNASAに知らせられない宇宙飛行士は、

植物学者の知識を使い、基地内に残された食料の中のジャガイモを栽培し、

チームリーダーのパソコンに残されていた趣味の悪いディスコ音楽と共に4年後の火星探査計画までの過酷なサバイバルを始めていく。

一人の宇宙飛行士の死をすでに発表したあとのNASAだったが、

火星の地表調査をしている若い女性研究者が、基地の周りの変化を見つけ、これは生存しているのでは?と訴える、、最初は疑われたが、火星とNASAで、同時に過去に火星に送られた無人探査機を使い通信ができるようになる。

NASAは、救出するために、全力で救助体制を整わせようとするが、

火星にもNASAにも次々と問題が起こる、

――

これは原作がある映画で、(英語原題: The Martian 火星の人)

2時間15分の中で、、盛り上げシーンがたくさんありすぎだけど、

それが一つの「結」に関することだけに通じるので、悪く言えば、

ストーリーは作りやすいと思う。 

起承転結の中の合間合間のアイデア

過去のSFからの引用だと、「月世界旅行」では、月へ到達した後の着陸船が、重たすぎて中の物資をどんどん捨てて行き、それでも足らないので、人間が一人犠牲になると言うが、最後は、頭を使ってうまく脱出するようなシーンが少々、

死んだと思い置き去りにされるのは、

リチャードハリスの開拓映画「荒野に生きる」と、リメイクされた「レヴェナント: 蘇えりし者」と同じ。

「宇宙からの脱出」の、別の国の宇宙船の助けが来る、というシーンは、中国の宇宙ロケットの助けに置き換えられてのそれ。

ミクロの決死圏」や日本のハヤブサの帰還のような、残されたブツを使用し、どのようにミッションを成功させるか、というシーンもあったりする。

ブライアンデパルマの火星映画「ミッション・トゥ・マーズ 」の生き残り話に似たシーンもある。

だが、過去の映画の寄せ集めじゃなく、

それらを凌駕しうるオリジナルのほうが◎で失敗シーンも盛りだくさん、

帰還している宇宙船クルーとNASA側、との葛藤、も◎で、

俳優ぜんぶエエし、

なおかつ、リドリースコットの映像の素晴らしさも文句なし。

主人公のセリフに

「植民地と言うのは、持ち込んだ植物が育てば成功だと言う、

これで火星は植民地になった、、、」

というのがアメリカ的で◎。

救助ミッションの名前を「ロードオブザリング」の中から取ることのシーンに

「ロード〜」に出てるショーンビーンがおったりが◎。

欲を言えば、

水や酸素がどんだけ長期間あったの?ってなことを、、、思っちゃ、いけんか。

観客は今の宇宙、科学、化学系の知識がないと、ついていけんぞ。