水泳の大会新年フェスティバル

昨日は、お兄の2018年最初の水泳の大会を

石川県の松任市にある松任総合運動公園のプールに見に行ってきました。

年末年始にずっとバイトしていて、空いている日は水泳の一日練習で

という厳しい生活をしていたお兄。

2018年、今年は福井国体がある年。

なんとか、リレーの最後のスイマーでもいいので、国体に出たいなぁーと話しているお兄。

今のままでは、ちょっと厳しいかなぁ。

でもせっかく福井で国体があるんだから、こんなチャンスはなかなかないよね。

あと半年、これまで以上にがんばってほしいです。

で、昨日のレース。

お兄の水泳のレースを見るのは、久しぶりです。

午前中に100mの自由形があり

午後から久しぶりに出場する50mの自由形

画像、一番上を泳ぐのがお兄。

右に見える黒い線の位置で、残り125m。

この位置で、どう見ても3位。

それが最後の追い込みがよかったのが、1位でゴール。

タイムもまあまあ、いい感じでした。

何より、自分が泳いでいて気持ちがよかったらしく、

何かをつかんだ(笑)そうです。ホントかいな。

3歳と四か月から始めた水泳。

もうすぐ、14年目になります。

週に2回、健康の為に通っていたスイミングから

選手育成コースに移動したのが、3年生の春。

C級、B級と上がってきて、今はA級。

最初のころは、A級で泳ぐことすら、夢のようで、遠い存在のレースでした。

それが昨日は、最終組の一つ前のレース(泳ぐのは自己ベストタイムが遅い子から)

こんな位置で泳げる日が来るなんて、母としてはとても灌漑深いものがありました。

よく続いているわ。

よく頑張っているわ。

まだまだ追っかけさせて頂けることに感謝。